1. 1矯正治療専門の矯正医が担当いたします。
  2. 2東京医科歯科大学矯正科の治療哲学を踏襲し、一つの治療方法にとらわれることなく様々な治療方法、多様なテクニック、各種矯正装置を組み合わせた最適な治療方針に基づく合理的な治療を行っております。
  3. 3国立の大学病院より低価格の料金設定になっています。
  4. 4マルチブラケットは、表側だけでなく、裏側矯正(舌側矯正・リンガルメソッド)も選択できます。
  5. 5マルチブラケットは、表側矯正の場合は目立たない白いブラケットを選択しても料金は変わりません。
  6. 6矯正装置はいくつ使用しても追加料金はかかりません。

症状から調べる

  • 出っ歯
    上顎前突(出っ歯)
    健康面だけでなく外見上のコンプレックスを持つ方が多いです。
  • 受け口
    反対咬合(受け口)
    色々なタイプがあり専門の矯正歯科医院の診断が特に必要な症状です。
  • 叢生
    乱杭歯(叢生)
    ガタガタの歯並びのことです。正しく歯磨きができず虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。
  • すきっ歯
    空隙歯列(すきっ歯)
    歯列に隙間が空いている状態です。原因や口腔状態により治療法が異なります。
  • 開咬
    オープンバイト(開咬)
    前歯を完全に閉じることができない状態です。発音障害、虫歯、歯周病のリスクが高まります。
  • 過蓋咬合
    過蓋咬合
    上の前歯が下の前歯を覆い隠すくらい 深くかみすぎている状態です。 歯茎を傷め炎症を 引き起こしてしまいます。

目立たない矯正方法

  • セラミックブラケット矯正
    セラミックブラケット矯正 
    ブラケットの材質がセラミックで、メタルブラケットよりも審美性が高いので目立ちにくいです。当院で使用するブラケットはブラケットとワイヤーの摩擦抵抗が少ない (弱い力で歯が動きやすい) セルフライゲーションブラケットです。
  • リンガル
    裏側矯正(リンガル) 
    歯の裏側に装置をつける「見えない矯正(裏側矯正・舌側矯正・リンガル矯正)」なら装置が外から見えず、治療中も外見上のストレスがありません。
  • インビザライン
    マウスピース矯正
    (インビザライン)
    取り外しのできる透明なマウスピースを使った矯正です。少しずつ形状が異なる複数のマウスピースを数週間おきに交換しながら歯を動かしていきます。本体も透明で見えにくく、お口の中の違和感が少ないなどのメリットがあります。

お知らせ