きれいな歯並びの女性

上顎前突(出っ歯)

健康面への影響もありますが、外見上のコンプレックスを持つ方が多い症状です。
上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、「出っ歯」のことです。上あごの骨が前に成長し過ぎた場合や、下あごの骨が小さすぎる場合に起こります。上顎前突は上の前歯が前方へ傾いていることが多いため、つまずいて転ぶなどした際に上の前歯が折れたり、歯髄(歯の神経)を傷めたりする可能性が考えられます。
また、さらに歯並びが悪いことにより虫歯・顎関節症・肩こり・ストレスなどの原因になることもあります。
子供の時期に矯正すると、下あごの骨の前方への成長を誘導して上あごの大臼歯の後方への移動が容易になり、上顎の歯列全体を後方に移動させることもできます。上顎前突を改善できる可能があります。
大人の場合は、抜歯をし、できたスペースを利用して、マルチブラケット・インビザラインなどで前歯を内側に入れる治療を行ないます。

上顎前突治療前
矢印
上顎前突治療後

反対咬合(受け口)

反対咬合とはいわゆる「受け口」のことです。下記の原因が考えられます。

  1. 下顎の過成長
  2. 上顎の劣成長
  3. 上顎前歯の舌側(内側)への傾斜
  4. 下顎前歯の唇側(外側)への傾斜
  5. 叢生による前歯早期接触による下顎の前方誘導による機能的反対咬合

以上のタイプがありそれぞれ治療法が異なります。どのタイプで、どの装置を使うかを決定するためには専門の矯正歯科医院での客観的な数値に基づく診断が必要です。無料相談を行っておりますのでお気軽にお問合せくださいませ。

受け口治療前
矢印
受け口治療後

叢生(乱杭歯)

叢生(そうせい)とは、ガタガタの歯並びのことです。一般に乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれることが多く、犬歯があとから生えてくるために生じる八重歯などがあります。叢生は、顎骨の発育不全や歯そのものがあごの骨より大きすぎて、歯が並ぶスペースが不足している場合に起こります。歯が重なり合った場所を正しく歯磨きできず虫歯や歯周病になりやすい傾向があります。
叢生は、歯を並べるスペースを確保し、マルチブラケット・インビザラインなどで歯を移動させて治療を行ないますが、抜歯が必要になることもあります。

乱杭歯治療前
矢印
乱杭歯治療後

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列とは、歯列に隙間が空いている状態で空隙歯列(くうげきしれつ)は一般的に“すきっ歯”とも呼ばれています。
空隙歯列(すきっ歯)の原因としては大きな顎と小さな歯が要因になり歯が並ぶための場所が余っている場合に生じます。あるいは、先天異常で歯の本数が足りない場合に生じます。他には、指しゃぶりや舌のクセや口呼吸などの悪癖、舌が大きいまたは舌の位置が低い、前歯と前歯の間に“過剰歯(かじょうば)”と呼ばれる歯があり、妨げになっているなどが考えられます。
空隙歯列(くうげきしれつ)の原因や口腔状態によってベストな治療方法が異なりますのでご相談くださいませ。

すきっ歯治療前
矢印
すきっ歯治療後

開咬(オープンバイト)

開咬(かいこう)とは、奥歯をしっかり噛みしめた状態でも前歯を完全に閉じることができず開いたままの状態になることです。開咬(かいこう)のリスクは、見た目だけでなく、奥歯しか当たらないために咀嚼能力が低下することによる消化不良や嚥下障害、前歯が開いているために物を噛む時に奥歯に負担がかかり顎を痛めてしまい顎関節症になってしまったり、発音障害や虫歯や歯周病のリスクが高まるなど日常の生活にも支障を及ぼします。
治療法としてはマルチブラケット・インビザラインと矯正用アンカースクリューで歯を移動させて治療を行ないます。また、舌の使い方や悪い癖がある場合はご指導いたします。
また、子供の段階の一時的な開咬は舌の突出を防ぐ装置や舌癖を取り除くことで改善します。(タングガード使用)

開咬治療前
矢印
開咬治療後

過蓋咬合

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上の前歯が下の前歯を覆い隠すくらい深く噛み過ぎている状態です。下の前歯が上の歯の内側の歯肉を噛んでいることや、下の前歯が異常にすり減っているなど歯や歯周組織に過度の負担がかかり歯茎を傷め、炎症を引き起こしてしまうことがあります。上の前歯をだめにしてしまうこともあります。顎関節症などを発症することもあるので要注意です。
治療法としてはマルチブラケット装置と矯正用アンカースクリューまたはインビザラインで歯を移動させて治療を行ないます上顎前突を伴いますので、上顎前突の治療も必要になることもございます。

過蓋咬合治療前
矢印
過蓋咬合治療後